リストに戻る

2017年APEC会議の開催に伴い、プーチン大統領が当リゾートを選んだ理由

17.11.2017

#1: プーチン大統領は、歴代の大統領であったレーニン、スターリンの公邸料理人を務めた祖父スピリドン・イワノビッチ・プーチン氏の影響を強く受けました。

 

「それには、敏感な政治的本能と、対応する素早いバランスを必要とした・・・ 彼は、自らが学んだことを自分の孫に託した」と、カツサ氏の著作“The Colder War(もっと冷たい冷戦)”で述べています。それゆえに、この地球上で最も強力な指導者が何をどのように食べているのか、という疑問については、料理の秘密が間違いなく隠されています。プーチン大統領の食事には、熟練のシェフをはじめ、医者や味見担当者などが関わっています。旅行も数多くするので、その際の食事はまた別の話になりますが。

 

#2: プーチン大統領は、動物や自然を愛し、釣りやスキー、乗馬、水泳などの活動的なアウトドアレジャーにも積極的に取り組んでいることでもよく知られています。

 

#3: 驚くべきことではないのですが、海外訪問時の大統領の宿泊施設に関わる安全保障体制には間違いがあってはなりません。旅行するたびに、数週間前に非常に安全な計画がなされます。旅行の約1ヶ月前になると、ロシア連邦保安庁(FSB)とロシア対外情報庁(SVR)からのエキスパートからなる専門チームが、プーチン大統領が滞在予定の地域を徹底的に調査するために発足されます。可能性のあるすべてのリスクを洗い出し、設備やセキュリティ面、衛生面、サービス面などからそのホテルが「海外のクレムリン宮殿」とみなすことを保証します。 したがって、選ばれた施設は、ラグジュアリーな水準、サービス、セキュリティに関する長いリストを作成する必要があるのです。

 

#4: そして11月中旬に、2017年のAPEC会議のために来越されるプーチン大統領の滞在先として、ビンパール ダナンが選ばれたのです。

 

大統領閣下のために選ばれたのは、パノラマの絶景を望むデラックス オーシャン フロント ビラでした。各ビラには、手入れの行き届いたトロピカルガーデンと、フォーブス誌上で選ばれたこの地球上で最も魅力的なビーチ6選のうちのひとつに面しているプライベートスペースがあります。

 

広々として洗練されたリビングルーム

ヤシの木陰の静けさに囲まれた当ビラは、自然と見事に調和したオープンスペースを配していながらも、絶対的なプライバシーと安全を保障しています。

 

ビラ内の各部屋には、モダンで高水準の設備とアメニティが完備しており、ベトナムの現代美術作品が彩りを添えています。

 

また、ビラ内の本棚には、ベトナム文化や世界を代表する主要な書籍が並びます。

 

最新の設備が整う会議室は、重要な指導者会議の会場となりました。

 

特に、リゾートに続く穏やかな海岸線の存在が、ビンパール ダナンをベトナムで最も美しいリゾート地にしたのです。

 

トロピカルキャノピーの下に位置するインフィニティプールは、ほとんどのお客様のお気に入りのプールスポットでしょう。

 

ビンパールは、2017年のAPEC会議で世界の指導者と上級代議員らの宿泊先として選ばれた、唯一のベトナムのラグジュアリーホスピタリティブランドで、ベトナム全土に11,000室以上の客室と2,000棟のビラを有する17軒のホテルを運営するベトナムのホスピタリティ企業として知られています。プーチン大統領のご滞在が無事に成功したのち、当リゾートチェーンは各地のマーケットリーダーとしての展望のもと、来年以降大規模な成長戦略を進めることが期待されています。

ご予約

どこへ行きたいですか

トップ